眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)

アクセスカウンタ

zoom RSS <守るべきもの>

<<   作成日時 : 2010/12/21 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

命ばかりが惜しくて戦う覚悟のない烏合の衆の代表が、核という名のお守りを得たからといって、どれほどの外交を成しうるだろうか。
戦う覚悟がないのは死ぬ覚悟がないからに他ならない。死ぬ覚悟ができないのは、何を守るべきかを知らないからだ。
我々が守るべきは日本人としての誇りである。

所詮、衆愚の代表には衆愚の意識を超えた外交を成し遂げることができない。ゆえに、核さえ手に入れば列強と対等の外交を成しうるなどと期待するのは、幻想もはなはだしい。
そもそも、核がないから遅れをとるというのは、勝負に勝てぬ子供の言い訳のようなものだ。あれがないから駄目、これがないから駄目。道具や体躯のハンデを言い訳にしているようでは、命をかけた勝負ごとなど到底おぼつくまい。

死ぬ覚悟、滅びを受け容れる覚悟を欠いたまま、核を後ろ盾に外交に臨むのは、商工会の会長が使い方を知らぬピストルをぶらさげてヤクザと交渉するようなものである。最初から何の役にも立ちはしないことだろう。

滅びを恐れるあまり核に頼ろうとするその精神にこそ、衆愚を衆愚たらしめる退廃が潜んでいることに我々は気付くべきではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<守るべきもの> 眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる