アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「原発」のブログ記事

みんなの「原発」ブログ

タイトル 日 時
<脱原発の壁>
原発問題に関していえば、日米原子力協定による呪縛のために、そもそも、日本政府は原発をどうこうできる立場にない。日米間の取り決めは全て日本国憲法の上位にあるため、外務官僚と米国政府高官とのやりとりで原発停止にNO.となれば、いくら国民の選んだ首相が脱原発を決めても、潰されてしまうという構造的な問題があるのだ。 現状、日本国民には独立国家の国民に当然認められているはずのあらゆる権利が事実上存在しないとみてよい。この現実に気づくことなく、何をどう騒いでデモをを試みたところで意味はないのである。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/22 22:20
<親米保守の罪>
ようやく国民も日本が米国の属国状態にあることに気づいてきたようだ。日本は半ば自発的に属国状態となり、国防を米国に委ねることで経済発展を遂げてきたわけである。そして、この属国状態を堅持することで自民党はその政治基盤を確固不動のものとしてこられたのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/22 08:44
<原発再稼働という愚策>
日本の民主政治では、政治についてほとんど無知な大多数の大衆が、選ばれる資格をほとんど問われぬ政治家を人気投票で選んでいる。さらに、そのようにして選ばれた政治家の多数決で政策が決定される。それが例え、1000人が考えて一人しか正答を導くことのできない超難問に対してであってもだ。本来、政治家は国家の治療家であり、いわば医者であるにもかかわらず、ただの人気者に医者の真似事をしてもらっているのが日本の実情なのだ。つまり、論理的な正当性ではなく、時の気分と数の多寡によって政策が選択されているわけで、だか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/14 12:32
<原発と利己的性質>
今日、原発利権にあやかる者たちは、その利権を維持せんと必死なのだ。このため、売文屋を用いて、原発推進にこそ正義があるかのごとく詭弁を弄している節がある。結局、そこに共感するのは、同じような利己的性質を宿し、現実生活に不満を抱えた人々でしかないのかも知れない。その性質ゆえ、目先の金を優先させることが将来の損失を招き、それによって、さらに多くの人々の生活と命とが奪われていくことに目が届かないわけである。彼らにとって大事なのは、ただ単に己の利益だけなのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/06 22:03
<想像力不足が原発再稼働を促す>
今日いわれる二酸化炭素地球温暖化説の発端は、石炭産業界の御用学者と、原子力産業界の御用学者が始めた論争だった。互いの利権を背負った者同士の論争であったわけだ。そして、その結果は原子力産業界の御用学者の勝利に終わった。もともと、石炭産業界は斜陽で、学者たちは原子力側についた方が研究資金調達に有利だったことが影響したわけである。二酸化炭素地球温暖化説が科学的に正しいかどうかは別として、「俺の商売の邪魔をするな」と言うかわりに、「原発が必要だ」を主張する人間は少なくないということだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/29 15:25
<原発再稼働の詭弁>
最近、原発推進派たちは既に崩れ去ったはずの「原発がなければ電力が足りない」という迷妄を、あの手この手で復活させようと躍起になっているようだ。彼らによれば、電力は電力会社の必死の企業努力によってまかなわれているだけで、本当は足りていないのだという。そもそも、電力会社が必死で電力をかき集めねばならなくなったのは、安易な国策に便乗した結果であり、半ば自業自得。原発なしでも、当面、電力が足りているのは事実であるし、そこには既に4年の実績がある。実際、震災以前の原発必要派の主張によれば、原発停止は即時の電... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/29 15:04
<関東に暮らす危険>
先日、地区の医師会があった。その席で東京から岡山に移住なさったばかりのある医師から原発被害に関する驚愕の事実を伺うことができた。 事態の深刻さは既においしんぼの鼻血表現ごときで騒いでいる場合ではなさそうだ。現実は切迫しており、子供を抱える若い親世代は一刻も早く関東を脱出した方が良いのかもしれない。 確かに、この種の警鐘は莫大な経済的損失を招くことになるという側面を持ってはいる。しかし、それがどのようであれ、愛するわが子の健康にはかえ難いことだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/03 07:55
<核武装の誤謬>
戦争に勝つためであるなら、いかなる非道も許されるという合理主義は最終的に核兵器を生み出した。その使用に際しては人道も武士道も全く介在の余地がなく、非武装市民が標的とされる。核兵器こそは近代合理主義の権化にして目的のためには手段を選ばずという退廃のシンボルそのものなのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/27 08:55
<電力不足の妄言>
以前の電力会社の説明によれば、原発が稼働しなければ供給電力が絶対的に不足して、国民の生活、並びに日本経済は大打撃を受けることになるはずなのだが、今年の9月15日以降、稼働中の原発は一基もない。はてさて、これまでに原発停止を原因として電力供給の途絶えた地域なり都市なりがあっただろうか。つまるところ、彼らが憂えていたのは供給電力の不足ではなく、その売り上げが落ちることであったに過ぎない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/04 12:49
<原発推進派の死角>
原発推進派は、福島の事故は人災なのだから、人がより謙虚に対策を講じさえすれば事故は防ぎ得ると主張する。だが、果たして本当にそうなのだろうか。 福島第一原発事故に限らず、原発事故はどれも人災である。なぜなら、原発を造り、これを管理、運営するのは人間だからだ。人間はもともと不完全な存在なのであり、不完全な存在が造るものは完全ではあり得ないし、完全な仕事をすることもできない。即ち、人間が謙虚でありさえすれば、いかなる有事の際にも万全な対策をとり得るはずだと考えるのは、人間存在に対する幻想でしかなく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/21 01:22
<原発と原爆>
実のところ、原発を推進する方々の主張はわからないでもない。原発を造ってしまった以上、これを稼働させ続けねば利益を生み出すことができず、廃炉にするとなると巨額の損失を免れ得ないという理屈だ。確かに、脱原発ではたちまち原発で飯を食べている方々が大勢路頭に迷うことになるだろうし、とにかくその損失額は途方もなく大きいわけである。 一方、原発に何か事故が起こってしまった場合、その損害はさらに天文学的数字にはね上ることが予想される。沢山の方々が放射線障害で亡くなる事態を招けば、それはもはや数字だけでは決... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/06/26 09:50
<ある予見>
わが国においては、既に東海村の臨界事故によって、原発作業員が凄惨な被曝死を遂げている。 事実上、致死量に達する放射線を浴びた人間の命を救う医学的な手だてはない。 即ち、そのような患者は、たとえ病院に担ぎ込まれる幸運に恵まれたとしても、ただただ、のたうちまわって死への道のりを歩むより他ないのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/20 20:44
<環境問題の本質>
近年、人為起源二酸化炭素原因地球温暖化説が常識となって、環境対策といえば二酸化炭素排出の低減であるかのごときだ。だが、これを削減することが果たして本当に環境問題への取り組みだといえるのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/20 13:40
<脱原発は非現実的か>
先日、たまたま石原慎太郎氏のインタヴューを観る機会があった。氏の言い分によれば、脱原発は日本経済を疲弊、破綻させてしまう恐れがあるとともに、脱原発のために火力発電を増やすなら地球温暖化を促進してしまうので、現実的ではないとのことだった。だが、果たして本当にそうなのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/11 18:42
<守銭奴の末路>
ネット・ニュースより <引用開始> <原子力協定>今国会成立へ…4カ国対象、民・自が大筋合意 民主、自民両党は28日、政府間で署名を終え国会の承認待ちとなっているロシア、ヨルダン、韓国、ベトナムとの原子力協定を今国会(会期末12月9日)で成立させる方向で大筋合意した。政府が進める原発の海外輸出に必要な協定だが、東京電力福島第1原発事故後は国会審議が停滞していた。事故はいまだ収束せず、原因究明も途中のため国内には原発輸出に慎重論も根強いが、国際的な信用確保を優先させる判断で両党が折り合った。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/29 12:47
<幸福と欲望の狭間>
幸福と感覚的な悦びとは似て非なるものだ。誰もが幸福な人生を送りたいと望むが、多くの場合、何が幸福かは不幸に遭遇してみなければわからない。幸福とは平凡な日常に埋没していて、それとは気付かれぬものだからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/19 06:38
<断面(追記)>
我々が暮らしている世界は4次元時空と呼ばれ、三次元空間に時間の一次元が加わったものだ。ゆえに、ある時点で観察される対象は、その存在の一断面に過ぎない。例えば、女性の外見的な美しさであるなら、それは永続的なものではなく、存在の時間的な広がりの中では、限られた期間でしか観察されない特別な性質ということができる。我々が知り得る対象は、その全てが存在の微分値でしかないというわけだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/16 17:19
<原発の欺瞞あれこれ>
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110726-00000001-president-bus_all ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/08 17:59
<儲かれば良いのか?>
「原発の対外輸出は大いにやるべき」などという意見もあるようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/02 15:58
<原発を稼動するメリット?>
原発を止めると化石燃料代が余分にかかって支出がかさむ。止めるのは損だから稼動する方が利口だなどという意見がある。要するに、原発は止めるのにも稼動するのにも金がかかるのだから、稼動させた方が得だというのだ。お得な理由の一番は燃料代の安さなのだとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/02 14:25
<馬鹿は死ななきゃ治らない>
「この国と原発」より ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/01 08:53
<原発を望む人々>
それにしても、ことがここに至って尚、目先の金目当てで自分たちの故郷に原発を望む人々がいるという事実に驚かされる。 確かに一定期間なら、原発はある程度の安全と効率を確保できるかもしれない。だが、それは長い目でみれば、あらゆる問題を将来に先送りしているだけの欺瞞の結晶ということができる。 それがわからないのは、時を俯瞰できぬ愚か者ゆえ、大衆のゆえ。 子々孫々の幸福を犠牲にし、先祖より受け継がれし郷里の自然を台無しにするリスクを背負うことになろうとも、老い先長くもない自分たちの目先の生活を優先す... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/12 13:11
<大衆的視野狭窄>
9月25日、山口県上関町の町長選挙の結果、原発推進派団体が推薦する柏原重海氏が3回目の当選を果たした。この地元では高齢者が多いのだそうで、ネット上を飛び交う原発の真実に無知無頓着な人々が大勢を占めた結果といえるのかも知れない。要は、拝金主義、米国的近代合理主義に毒されたまま、マスコミの世論操作に無抵抗な愚民感覚のままに票を投じた人々が多かったというだけの話だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/27 13:40
<人間性の問題>
.<引用開始> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/31 13:20
<天晴れ管直人>
とうとう脱原発路線を打ち出した管首相。政権末期ともいわれ、その実行力を疑問視するマスコミの一方的な論調には呆れるばかりだが、脱原発を首相の立場で宣言してのけたその勇気には脱帽せざるを得ない。場合によっては消される可能性もあるからだ。 しかしながら、脱原発路線こそ、まっとうな庶民感覚の延長にある英断といえるだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/14 09:49
<がんばれ管直人>
九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)再稼働を易々と認めた海江田万里経済産業相と、これに待ったをかけた形で原発耐性テスト導入をいいだした管直人首相。 海江田氏は「企業は1〜2年先の電力供給を見て生産計画を立てる。そういうこともあり、私は玄海(原発)はOKだと安全宣言した」と説明するが、高々1、2年先を見据えた程度の展望で原発にOKを出してもらっては困る。放射性廃棄物の特性からみても、また、自然災害のタイムスパンを考慮しても、もっと、はるかに長期的な視点で、その安全性を評価する必要があるからだ。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/07/08 12:26
<溶融>
ネット・ニュースより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/27 09:52
<癒着>
ネット・ニュースより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/27 09:34
<責任?>
わが国の将来的な核武装を企図し、原発を造らせた張本人は中曽根康弘氏といえる。 氏は、わが国においては原発の父、核武装の父とさえ呼べるだろう。 そこには、日本という実体、即ち箱を守るためには力が必要だという正義があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/22 18:45
<愚者の選択>
確かに、何事も先行きがどうなるかをいうのは難しい。ゆえに、現在を生きる我々の選択が重要となるのだ。 だが一方、虎の住む穴に無防備でのこのこ入って行く者の行く末を言うのは決して難しいことではない。 未発達な幼児には、わからぬというだけだ。 “石油がなくなるから原発が要る”というのは、論理の欠落も甚だしい。それは、雷が鳴るのは、オニが太鼓を叩いているからといっているようなものだ。 ただそれだけの理由でかくも危険な原発が造られ続けてきたのは何故なのか。 そして、その危険ですら、自動車事故や個... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 09:40
<どうして原発なのか>
原発に関する議論で最も不可解なのは、原発を必要とする前提だ。多くの考察で「原発は必要である、それは石油が枯渇した後のエネルギーに原発が必要だから」という誠に根拠なき思い込みが前提なのだ。なぜ、石油枯渇後のエネルギーが原発でなければならないかの議論がすっぽり抜け落ちてしまっている。せいぜい、「資源と技術を他国に頼らずに済むから」といった程度で、原発でなければならぬ理数的な考察がない。 巷で最も多く見られる「大きな電力需要を満たすのには発電量の大きい原発が必要」などは論理を知らぬ痴人のコトバに過ぎ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 08:42
<原発事故の真実>
<wikiより引用開始> 1978年11月2日 東京電力福島第一原子力発電所3号機事故 日本初の臨界事故とされる。 戻り弁の操作ミスで制御棒5本が抜け、午前3時から、出勤してきた副長が気付きゆっくり修正し終わる10時半までの7時間半臨界が続いたとされる。 沸騰水型の原子炉で、弁操作の誤りで炉内圧力が高まり、制御棒が抜けるという本質的な弱点の事故。この情報は発電所内でも共有されず、同発電所でもその後繰り返され、他の原発でも(合計少なくとも6件)繰り返される。1999年志賀原発事故も防げたか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/12 09:40
<これが原発>
ネット・ニュースから <引用開始> 竹森 俊平 慶應義塾大学教授 原発事後が問う「人災」の後始末 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/11 15:21
<原発はどこに残せばよいのか>
核武装のための技術の保管庫として原発を所持しておくにしても、人口密度の高いわが国の一体どこにそれを残しておく、あるいは新たに造るのが妥当といえるだろうか。 最高度の安全をいうなら、敵の攻撃を受けても周辺住民に被害の及ばぬ地域、あるいは被害最小となる地域でなければならない。 国土の狭いわが国に、果たしてそのような場所があるのだろうか。 具体的に、どこに原発を造ればよいのか、その指摘を欠いた自主核武装論は、決して学問的な主張とはいえまい。 勿論、敵から核の先制攻撃があるとすれば、そこは第一目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/11 14:55

トップへ | みんなの「原発」ブログ

眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて) 原発のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる