アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スポーツ」のブログ記事

みんなの「スポーツ」ブログ

タイトル 日 時
<Medical Dynamic Stretchingの実際G救済>
■引退したアスリートの危機 問診票で患者のスポーツ歴を調べるようになって、過去にアスリートとしての経験が濃密な患者程、引退後に急激な身体的不調を患っている傾向が強いということに気づかされた。おそらく、引退によって急速な神経伝達機能の低下を来し、アスリートとして築き上げた強靭な筋肉が弛緩不全を生じて、通常人よりも過大な負荷が骨格に加わることで、関節破壊を招いているものと考えられた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/18 17:43
<Medical Dynamic Stretchingの実際F注意点>
■本当の治療とは 近年、インターネット上では柔道整復師たちが異口同音に、筋力強化が治療法として間違っていることを堂々と宣言し始めている。彼らは整形外科学に染まっていないので、自分たちの実感に基づいて筋力強化が間違っていることを悟ったのだろう。まじめに治療家として研鑽を積んでいれば、気づいて当然の話。本当は筋力強化ではなく、筋肉の弛緩を促すことの方が治療になるのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 12:28
<Medical Dynamic Stretchingの実際E頸椎>
■フローズン・ネックの治し方 ある朝突然、起床時から首の痛みで頸椎が可動域を失い、借金があるわけでもないのに首が回らなくなってしまう病気がある。フローズン・ネックだ。小児の場合、リンパ節炎を原因とする炎症性斜頸であることも考えられるが、成人の場合、ストレート・ネックや後弯の重症化によって生じている場合が多い。それは斜角筋の弛緩不全によって生じているため、斜角筋をターゲットにしたMDSが著効するのであるが、初診時には筋組織内脱水が高じている場合がほとんどなので、無理やりMDSを試みるべきではない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/15 18:04
<Medical Dynamic Stretchingの実際D前腕>
■へバーデン結節の治療 ある病気で、手の外科の専門医から大学病院を紹介された挙句、そこでも装具を渡されただけで、歳のせいだから仕方がないと諦めるように言われた患者が当院を受診してきた。患者の病名はへバーデン結節。手指の遠位指節間関節に生じる変形性関節症だ。一般的には女性に多い変形性関節症なので、ホルモンが関係しているだとかなんとか、怪しげな理屈で説明を試みられている病気である。ありふれた病気であるにも関わらず、手術が不要であるため、リウマチと異なり、整形外科の外来では、さほど本気で取り扱われる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/13 00:53
<Medical Dynamic Stretchingの実際C肩>
■予防手段としてのMDS これまで治療法として紹介してきたMDSであるが、筋肉に生じた弛緩不全を解消するという効果に鑑みれば、MDSは怪我や病気の予防法としても効果が高いということが示唆される。実のところ、スポーツ選手が患う肩腱板損傷や膝前十字靭帯損傷、あるいは半月板損傷は、単なる不運によってもたらされているのではない。怪我に至るお決まりの道筋を辿っている場合がほとんどなのだ。故に、その道筋に変更を加えることができさえすれば、それらは全て回避できる可能性がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/02 12:44
<Medical Dynamic Stretchingの実際B功罪>
■筋力強化が治療になるのか ここまでMDSの効用と筋力強化の弊害について論じてきたが、脱力が肝心だ、などと言ってみたところで、なかなか理解が得られぬ相手も多いに違いない。多分、その急先鋒は同業者である整形外科医だ。実際、筋力強化を目的とした現行の運動療法でも、それなりの治療効果が認められるからだ。ここでは、何故、既存の運動療法が筋力強化を目的としていても症状を改善させてしまう場合があるのかについて論じてみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/30 14:55
<Medical Dynamic Stretchingの実際A膝と腰>
■ダイナミック・ストレッチとMDSの違い 現在、ダイナミック・ストレッチはスポーツ前の準備体操のような位置づけにあって、医療現場でそれほど用いられているわけではない。なぜ、この方法に筋肉に対する弛緩作用があるかといえば、それは筋肉の収縮と弛緩とをコントロールする神経伝達機能の活性化が促されることによると考えられる。例えば、肘関節の屈曲を行う場合、主動筋となる上腕二頭筋には収縮を促す信号が中枢より送られる一方、拮抗筋である上腕三頭筋に対しては、抑制性の信号が送られることで滑らかな屈曲運動が可能と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/27 14:13
<Medical Dynamic Stretchingの実際@序論>
■既成概念をを疑え 一般的に整形外科医は、変形性関節症の予防や治療の方法として筋力強化を推奨している。「関節周囲の筋力強化で、関節の運動を力学的に安定に保つことができるから」というのが、その主な理由である。これは、筋力低下と変形性関節症とは互いに関わりが深い(相関係数が高い)ということが学術的に証明されているため、まかり通っている理屈である。確かに、レ線学的に明らかな変形を認める症例が高齢者に偏るのは当たり前で、高齢者においては筋力が低下しているのも当たり前だ。つまり、両者の相関係数は、調べる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/23 01:44
<ヨネックス・オープン・ジャパン2015観戦記>
以前にも書いたが、ヨネックス・オープン・ジャパンはオリンピック前年に観に行くのがもっとも面白い。この時期、オリンピックを目指す各選手のモティベーションとコンディションが最高潮に達しつつあるからだ。ただ、残念なのは今大会が世界選手権直後にあるため、有力選手の疲労が回復しておらず、パフォーマンスが十分でない場合のあることだ。 前回、この大会を観に行ったのは、ロンドン五輪前年の2011年だった。男子シングルスのリン・ダン観たさに特別席を購入して決勝戦を観に行ったものの、決勝にあがってきたのはチェン・... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/21 23:08
<ソチの余韻>
今年のソチオリンピックの見どころは何と言っても浅田真央と上村愛子だった。浅田真央はショートプログラムの失敗から一夜で立ち直り、フリーでは己の実力を堂々と証明してみせたし、上村愛子もまた、この舞台で実力を出し切り、有終の美を飾ることができた。確かに、どちらの選手もメダル獲得とはならなかったが、人々に与えた感動はメダリストたちをはるかに凌いでいたように私は思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/27 23:47
<勝利の瞬間>
あるバドミントンの試合をインターネットで観戦した。それは事実上日本ナンバー2を決める日本人同士の熾烈な争いで、勝利が決まった瞬間、相手より年下のその選手は派手なガッツポーズを決めてみせた。だが、その光景にはいくらか違和感を覚えずにはいられなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/06 12:47
<アスリートの救済B膝痛>
■腸腰筋の異常が大腿筋群に異常をもたらす 既に述べたように、腸腰筋に慢性疲労から生じる弛緩不全を抱えている場合、股関節の伸展位を十分にとることができなくなってしまうため、立位では股関節、及び膝関節で、わずかな屈曲位をとらざるを得なくなる。この結果、ハムストリングスや大腿四頭筋に継続的な負担が強いられることで、それらにも腸腰筋同様の弛緩不全が生じやすくなる。ここに膝屈伸運動に伴う負荷が加わることで大腿筋群の弛緩不全が重度となり、種々の膝痛をもたらす原因になると考えられるのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/11 18:41
<アスリートの救済A腰痛>
■腸腰筋の疲労が腰痛の原因 アスリートが慢性的に抱える腰痛は、その大多数が腸腰筋と呼ばれる筋肉の疲労によって引き起こされていると言ってよいだろう。それは主に大腰筋と腸骨筋でできており、前者は腰椎横突起から起こり、股関節をまたいで大腿骨の小転子に停止する大きな筋肉で、後者は腸骨の内面から起こり、同じく股関節をまたいで大腿骨の小転子に停止する筋肉だ。どちらも大腿の挙上、即ち股関節の屈曲を作用とし、姿勢維持に関わる筋肉だが、その大部分がインナーマッスルとして体内に隠れているため、あまり意識されること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/06 13:15
<アスリートの救済@序論>
■スポーツ障害の予防 スポーツ界で活躍し、脚光を浴びるようになった選手が、その絶頂期に故障して第一線を退くのは、スポーツ界にとって重大な損失である。のみならず、故障さえしなければ、将来トップアスリートとして名を馳せる可能性を宿している少年少女たちが、訓練途上のつまらない怪我でその道を閉ざされてしまうのも同じことだ。この意味で、故障を予防するための方法には極めて重要な意義があるといえるにもかかわらず、意外とそのための方法は知られていない。その理由の一つは、怪我の専門家であるはずの整形外科医が、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/06 13:13
<エビデンスのない話D解決法>
■腸腰筋の弛緩不全は股関節疾患にも関わる 腸腰筋の弛緩不全が引き起こす疾患には変形性股関節症も挙げられる。力学的に考えれば、同筋の弛緩不全は股関節に対しても軸圧として作用するので、これは当然の帰結である。その前病変となり得る臼蓋形成不全症では、形態的には長期間同じ状態が続いているにもかかわらず、実際に股関節痛を発症するのは30〜40代からで、発症後は将来の股関節変形を見越して骨盤回転骨切り術の対象となる場合が多い。つまり、加齢に伴う股関節周囲筋の筋力低下が原因で痛みを発症し、病状が進行すると一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/17 14:18
<エビデンスのない話C弛緩不全の種類>
■疲労性の弛緩不全 筋肉の機能不全をもたらす原因は、大別して筋原性と神経原性に分けることができるだろう。そこで、整形外科領域で扱う疾患のうち、特殊な遺伝性疾患を除くと、筋原性の機能不全の原因の一つとしては反復性の過剰刺激、即ち、使いすぎで生じる疲労性の弛緩不全を挙げることができるかも知れない。 例えば、サッカー少年には分離症が多いといわれるが、この競技においては大腿の挙上を頻繁に繰り返すので、疲労性の弛緩不全が腸腰筋に生じ易いと考えられる。さらに、旺盛な回復力によって腸腰筋筋力それ自体が強化... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/17 14:17
<エビデンスのない話B腰痛の原因>
■筋筋膜性腰痛症の原因 腰痛の原因としてもっとも多いのは筋筋膜性腰痛症である。そして、それを漠然と腰部固有背筋由来の症状だと考えている整形外科医は少なくない。だが、町医者の素朴な実感から言えば、腰痛の原因となっているのは腸腰筋の弛緩不全である。確かに、圧迫骨折などの外傷を契機とする腰痛であれば固有背筋由来の症状を考えてもよいだろう。しかし、そのような場合を除くと、たとえ固有背筋に痛みを伴っていたとしても、それは腸腰筋が弛緩不全を呈した結果、二次的に症状を患ったものである場合が多いといえる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/17 14:16
<エビデンスのない話A膝痛の原因>
■加齢や反復性の負荷が慢性疾患の原因なのか 変形性関節症や腰椎椎間板ヘルニアは慢性疾患の形態をとる。このため、人工関節やヘルニア摘出術といった外科的治療は主に病期の後半、そのエンド・ステージで行われることになるが、それらには必ずそこにいたるプロセスが存在する。この過程の中にこそ原因が潜んでいるのだが、多くは加齢現象や力学的な反復性の負荷が原因として片付けられてしまっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/17 14:15
<ゴルフで球を飛ばす筋肉―その2>
腸腰筋を鍛えるにはどうすれば良いのか。実のところ、作用がわかっている筋肉に刺激を加えることそれ自体はさほど難しくない。腿上げの筋肉なのだから、単純に腿上げするだけでも良いし、腿上げに負荷のかかる工夫をすれば済む話だ。その昔、スポ根という言葉がまだご健在だった時分には、鉄下駄を履いてトレーニングに励む者も多かったが、まさに鉄下駄は腸腰筋に負荷を与える格好の道具といえるだろう。 鉄下駄でなくとも、足首周りにウェイトバンドを巻いて歩くなり走るなりのエクササイズを行えば、同様の効果は得られることになる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/02 13:37
<ゴルフで球を飛ばす筋肉―その1>
整形外科医という職業柄、どの筋肉を鍛えればゴルフで球を飛ばすことができるのかを尋ねられることが度々ある。実のところ、ゴルフにおいては筋骨隆々とした者だけが球を飛ばせるというわけではなく、飛ばし屋の中には華奢な者も結構多い。となれば、やはり、特定の鍵となる筋肉があるに違いないという結論に達するが、意外なことに、ゴルフの得意な整形外科医に尋ねてみても、腹筋だとか背筋だとかの漠然とした答えしか返ってこないことしばしばだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/01 12:54
<ヨネックスオープンジャパン2011観戦記その4>
ミックスダブルス決勝はチャイニーズタイペイ対デンマーク。残念ながら日本のイケシオは今年もふるわず初戦敗退。一体何がこの二人に足りないのだろう。容姿端麗、頭脳明晰、眉目秀麗、質実剛健・・・およそ足りないものはないかのようだ。しかしながら、良い試合をしても、後半に打ち疲れが生じてコンビネーションがばらばらになってしまう場面が時折観られる。池田選手の負担を軽減させるには、潮田選手の攻撃力を上げる必要もあるだろう。潮田選手のプレーはネット前からのクレバーな球出しに特色があるが、それに拘りすぎて、泥臭い攻... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/01 13:41
<ヨネックスオープンジャパン2011観戦記その3>
女子シングルス決勝は中国のワン・イーハン対ドイツのユリアン・シェンク。見所の一つは、女子でありながらもジャンピングスマッシュを用いるユリアン・シェンクの果敢なプレーだ。しかしながら、接戦ながらもワンが主導権を握り続け、ユリアンにリードをゆるすことがなかった。男子シングルスに比べてイージーミスも多く、見劣りのする感は否めない。とはいえ、女子シングルスは我々草バドミンターがとりあえず真似できそうなプレーが満載で、勉強になるのも事実だ。実際、男子シングルスは凄過ぎて参考になりにくい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/30 13:24
<ヨネックスオープンジャパン2011観戦記その2>
小生が座っていたのは南側S席の最後列だったが、小生を真ん中に男三人、それぞれが一人で観戦に訪れていた。全く物好きである。右隣に居合わせた御仁は小生と同年代で、どちらからということもなく言葉を交わしはじめた。この御仁は富山からいらっしゃったとのことで、何と20年も前から今大会を観戦に訪れ、今年で17回目なのだそうだ。バド歴は30年。小生は20年余りとどちらもそれなりに濃いバドフリークである。この方のおかげで、この日一日寡黙に過ごすことを免れ、互いの感想を吐露しあうことができた。実はこの方のお目当て... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/29 12:28
<ヨネックスオープンジャパン2011観戦記その1>
年一回、日本で開催される唯一のメジャーな国際バドミントン大会として、ジャパンオープンがある。今年は第30回の記念大会。しかもオリンピック直前の大会ということで、レベルの高い試合が期待された。実際、オリンピックを境にして多くの名選手が引退する傾向にあり、オリンピック後の大会は前年に比べて見劣りするケースが多い。 そこで渋る家族をなんとか説得し、決勝戦の一日だけを一人観戦しようと目論んだ。土曜の仕事を休んで秋分の日から三連休とした後、最初の二日を家族サービス(旅行)にあてがったのだ。それでも、大会... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/28 13:28
<ヨネックス・オープン・ジャパン2010、リー・チョンウェイ対田児戦>
期待されていた試合だったが、結果は田児選手の惨敗だった。両者のもっとも大きな差はフィジカル面だと思われる。美しくビルドアップされた筋肉を誇るリー選手に対し、田児選手の身体は全体的にぽちゃっとした感が否めない。おそらくだが、田児選手は全英のころと比べて1〜2キロ体重増加しているのではないだろうか。バドミントンにおいて、2キロの体重増加は相当なハンデとなる。逆に、トレーニングを増やすことで2キロの体重減を成し遂げることができれば相当にプレーの幅が広がる。技術的には文句なく世界トップクラスなのだから、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/24 11:27
<バドミントン・フットワーク考>
バドミントンのシングルスプレーヤーを品定めするとき、もっとも興味をもって観察するのは、その脚の運び、いわゆるフットワークである。単にフットワークの速さを観るのでなく、いかに美しく脚を運んでいるかという点だ。 何がどうなら美しいかというのをコトバで説明するのは難しいが、股関節や膝関節、足関節に負担のかかりにくいフォームで、前後左右への方向転換が滑らかなものがこれに該当する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/15 15:02
<時間>
人間が認識できる最短時間とはどれくらいなのだろうか。今というこの一瞬。 たとえば1秒間の動画に用いられるコマは24枚、1枚あたりおよそ0.04秒で、このくらいになると残像現象のため、人間は一枚ごとを区別して認識することができない。 実際、大脳皮質視覚野の時間的な二点弁別能はおよそ0.1秒といわれている。 ところが、一方ではこのように視覚認識による弁別が不可能でも、そこに情報がある限り、潜在意識が何かを認識し得るはずだという発想がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 16:51
<伝統について思うこと>
歴史や伝統は、個々の人間の精神を形づくる根幹に位置しながら、それが不可視であるがゆえ、現代では功利主義、実利主義の前に衰退してしまうことが多い。伝統を軽視するということは精神性の軽視に他ならない。にもかかわらず、今日、そういう危機感の乏しい御仁が世の中では圧倒的多数を占めているといえるだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/28 00:16
<上村愛子という選手>
12年前、はじめてオリンピック選手としての彼女を見たとき、その風貌や発言から随分なヤン姉だなと呆れたものだったが、結婚を経験し、今回で四度目となるオリンピックに臨んだ彼女は、以前と比べ別人のように、しっとりとして黒髪の似合う日本美人になっていた。しゃべる口調も物腰も柔和で、どこに出しても恥ずかしくない大和撫子である。成績の方は無念の4位ではあったものの、彼女が、かくもしなやかで品のある女性に成長したことに驚きと慶びの念を禁じえない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/10 10:55
<長くてあっという間>
「長くてあっという間」。バンクーバーオリンピック、フィギュアスケート女子シングルフリーの演技を終えた直後の浅田真央選手のコメントだ。そのコメントに次いで彼女はあふれ出る悔し涙にしばしコトバを失ってしまう。 なぜなら、この敗戦は彼女の100パーセントを出し切った上での結果ではないからだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/02/26 19:13
<ある思想家にあてた手紙>
歴史や伝統は、個々の人間の精神を形づくる根幹に位置しながら、それが不可視であるがゆえ、現代では功利主義、実利主義の前に衰退してしまうことが多いですね。伝統を軽視するということは精神性の軽視に他なりません。にもかかわらず、そういう危機感の乏しい御仁が世の中では圧倒的多数を占めています。 貴兄がお嘆きになっていらっしゃるのはそういうことなのかなと思いつつご高説を拝見しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/12 18:09
<石川遼選手ウェルカムパーティー>
マンシングウェアオープン2007の興奮から早半年以上が過ぎ、男子ゴルフはオフシーズンに入った。大会は石川遼という新たなスターを生み、本人は勿論、その家族や周辺の人々の人生を一変させた。 私はこの新たなスターの誕生を間近に目撃する幸運に恵まれ、その後も東児が丘でラウンドする度、17番ホールのチップインバーディーを目撃した興奮を誰彼かまわず語り聞かせるようになっていた。だが、その話のオチは決まって、その日彼のサインをせしめることなく家路についてしまった己の不明を後悔するというものだった。 そして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/19 06:53
<バドミントン、ヨネックスオープンジャパン2007>
バドミントンの国際大会、ヨネックスオープンジャパン2007をテレビで観戦した。今年のジャパンオープンは東京まで観に行きたかったのだが、大会日程をうっかり忘れていたため、テレビ観戦となってしまった。バドミントンがオリンピックの正式種目になってから顕著になった傾向だが、この大会は、オリンピックの前年がもっとも見ごたえのある大会となる。各選手が五輪に向けて調整しているので、五輪の前哨戦としてしのぎを削るからであろう。逆に五輪の直後にある大会はスカスカで、見ごたえのない試合が多くてつまらない。これは五輪... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/04 12:54
<マンシングウェアオープンKSBカップ観戦記>
5月20日日曜日。早起きは苦手なはずの私が朝6時に起床。この日は8時出発を妻に打診していたが、7時になっても尚、ベッドでピクリとも動かぬ妻と4歳の息子。本当は土曜日も観に行けたはずのマンシング。その日は突然息子が映画スパイダーマン3を観たいといいだして流れてしまっていた。彼らが起き出すまでの間、仕方なく休日の習慣である5キロランニングを行い、一汗かいて時間をつぶさねばならなかった。しかし、余計な洗濯物を出すとしかられてしまう。このため鬼の目覚める前に汗で汚れた衣類を洗濯。脱水が終わると、明け方オ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/22 12:07
<亀田興毅、疑惑の判定勝利>
8月2日、WBA世界ライトフライ級王座決定戦「亀田興毅対フアン・ランダエタ」戦が行われ、判定の結果、亀田氏が勝利した。しかし、放映終了後からこの判定結果に対してTBSに抗議が殺到しているのだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2006/08/04 08:29
<報復死球の是非>
プロ野球では、報復死球なる愚行がまかり通っているようだ。 報復死球といえば、自身の哲学と相容れぬこの愚行をチームから強制され、悔し涙を流した上原投手(巨人)の姿が思い起こされる。当時、メイ球界のご意見番と称するお歴々の中には、報復死球も勝つためには止むを得ぬなどと主張する御仁もいた。 何でも、選手のモティベーションを上げるには必要だからというのがその理由なのだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/16 09:49

トップへ | みんなの「スポーツ」ブログ

眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて) スポーツのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる