眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)

アクセスカウンタ

zoom RSS <Medical Dynamic Stretchingの実際@序論>

<<   作成日時 : 2017/01/23 01:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

既存概念をを疑え
一般的に整形外科医は、変形性関節症の予防や治療の方法として筋力強化を推奨している。「関節周囲の筋力強化で、関節の運動を力学的に安定に保つことができるから」というのが、その主な理由である。これは、筋力低下と変形性関節症とは互いに関わりが深い(相関係数が高い)ということが学術的に証明されているため、まかり通っている理屈である。確かに、レ線学的に明らかな変形を認める症例が高齢者に偏るのは当たり前で、高齢者においては筋力が低下しているのも当たり前だ。つまり、両者の相関係数は、調べるまでもなく高くて当然の話ではあるのだが、しかし、だからと言って、果たして変形性関節症の原因を筋力低下であると結論づけて良いものなのだろうか。

ある仮説
ここで、これまで<エビデンスのない話>で論じたように、変形性関節症の原因を、その関節をまたいでいる筋肉に生じた弛緩不全であると仮定する。すると、変形は筋肉の柔軟性の喪失によって、過剰な軸圧が関節に加わることで生じた関節破壊の結果であると説明できる一方、筋力低下は、弛緩不全によって筋肉内の縮みしろが少なくなることで生じた現象だと説明できる。つまり、筋力低下も変形も筋肉に生じた弛緩不全の結果であって、筋力低下を変形の原因だとする結論は間違っているということができるのだ。

Disorders of muscle relaxation という概念
事実、外来診察時のわずかなやりとりの間に行うMedical Dynamic Stretching(MDS)で関節周囲の筋弛緩を得た患者の関節痛は著明に改善するが、筋力強化の指導を受けた患者の関節痛がその場で改善することは皆無だ。目下、変形性関節症の予防と治療といえば筋力強化が当たり前だと考えられ、階段の上り下りで膝痛を生じている高齢者に対してですらスクワットが推奨されているのが現状だが、これは素人目にも奇妙な話である。
土台、高齢者の体をどうこう鍛えたところで、期待されるほどの筋力改善がみられる前に、症状の悪化を来たすのが落ちである。高齢者の筋肉に対しては、弛緩を促した方が速やかに筋力を回復し、痛みも治まるのである。では、何故かくも愚かな治療が当たり前となってしまったかといえば、それは先述した通り、原因と結果とを取り違えているからだ。筋力低下は結果であって原因ではない。そして、そのような勘違いを引き起こした根本原因は、今日の整形外科学に、筋肉の弛緩不全(Disorders of muscle relaxation)という概念が欠落しているからではないだろうか。今まさに学会は裸の王様のごときである。

アスリートの怪我
かくして、この世紀の勘違いは患者を量産するのに多大な貢献を果たしているわけであるが、筋力強化が関節に良いとする理屈は、変形性関節症の患者に対してのみにとどまらず、アスリートの怪我の予防法としても取り入れられているので厄介だ。大体、日夜筋力トレーニングを重ねているスポーツ選手の怪我の原因に筋力低下をいうのは的外れも甚だしいのであるが、あれやこれやともっともらしい理由をつけてこの治療がまかり通っている。実のところ、アスリートの怪我の予防に対して必要であるのもまた、筋肉の柔軟性を獲得する適切な弛緩であって、強化を目的として負荷を加えることではあり得ない。高齢者の筋肉に生じた弛緩不全が廃用性であるのに対し、アスリートのそれは疲労性であるというに過ぎない。実際、少年少女の患う骨端症や、スポーツ障害に対しては、MDSによって驚くほどの成果を得ることができる。患者は外来診察時の数分間で劇的に症状が緩和してしまい、時にはそのまま治ってしまう症例もある位だ。罹病期間が短ければ、スポーツを続けながらであっても、三日ないし三週間で、ほとんど治癒してしまうのである。

スタティック・ストレッチは怪我を予防しない
通常、ストレッチといえば、スタティック・ストレッチと呼ばれる方法が広く行われている。これは、関節の過屈曲、過伸展、あるいは過内外転、過回旋によって、筋肉を牽引して行われるが、残念ながら、このストレッチは怪我の予防に寄与しないという事実が既に報告されている。それは多分、このストレッチが筋膜や関節包を伸長させているだけで筋肉の弛緩に貢献するものではないからだろう。一方、ダイナミック・ストレッチを応用したMDSは筋組織を弛緩させる働きがあると考えられ、怪我の予防のみならず、疲労回復とパフォーマンスの向上においても効果がある。それはまさに革命的で、このノウハウが一般認知されるようになれば、オリンピックでの我が国のメダル数は激増し、将来の変形性関節症患者も激減せしめることになるだろう。よって、次の章ではMDSの基本的なメカニズムと実際について論じてみることにする。

http://64172503.at.webry.info/201701/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<Medical Dynamic Stretchingの実際@序論> 眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる