眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)

アクセスカウンタ

zoom RSS <大衆的視野狭窄>

<<   作成日時 : 2011/09/27 13:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

9月25日、山口県上関町の町長選挙の結果、原発推進派団体が推薦する柏原重海氏が3回目の当選を果たした。この地元では高齢者が多いのだそうで、ネット上を飛び交う原発の真実に無知無頓着な人々が大勢を占めた結果といえるのかも知れない。要は、拝金主義、米国的近代合理主義に毒されたまま、マスコミの世論操作に無抵抗な愚民感覚のままに票を投じた人々が多かったというだけの話だ。

戦後の物質的な繁栄を支えてきた人々の価値観は、“金こそ力”、“力こそ正義”が多数派なのだろう。目先の金のためなら子々孫々にどれだけ迷惑をかけることになってもかまわぬという刹那主義。
これぞ大衆的視野狭窄。
死期の近い人々であるにもかかわらず、自らが遺すものの是非を判断できぬとは、唖然とする他ない。今回の結果は、民主主義の悪癖である多数決原理では英断を導くことが難しいという好例でもある。

その一方、原発依存には反対でも日本の核武装には賛成という人々は、原発推進を選んだ上関町の人々を非難することはできまい。なぜなら、両者は本質的に同じだからだ。外交上の優位を得るのが目的の核武装は、目先の国益を優先した判断に過ぎず、目先の町益を優先することと差異がない。そこにあるのは、同胞をどのレベルでくくるのかというスケールの違いだけなのだ。
“理屈はわかるが、きれいごとは言っていられない”・・・目先の金、目先の命に対する執着心がそこにある。
これを退廃と言わずして何と呼べば良いのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<大衆的視野狭窄> 眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる