眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)

アクセスカウンタ

zoom RSS <人間性の問題>

<<   作成日時 : 2011/08/31 13:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

.<引用開始>

国の関与3件、疑い5件=原発シンポ「やらせ」―第三者委
時事通信 8月30日(火)20時53分配信

 原発関連シンポジウムの「やらせ」問題で、経済産業省が設置した第三者調査委員会は30日、中間報告を発表した。報告は九州電力玄海原発、四国電力伊方原発、中部電力浜岡原発のプルサーマル計画をめぐるシンポ3件で、経産省の原子力安全・保安院がやらせに関与したと認定。ほかに、国が関与した疑いのある説明会が5件あることも指摘した。第三者委は9月末をめどに最終報告をまとめる予定だ。
 関与が認定された3件は、2005年10月2日に佐賀県玄海町、06年6月4日に愛媛県伊方町、07年8月26日に静岡県御前崎市で、経産省が主催した。各電力の担当者がそれぞれ開催前に打ち合わせで保安院の原子力安全広報課を訪ねた際、当時の課長らが参加者動員や賛成意見の表明などを依頼したという。
 一方、国の関与の疑いが指摘された5件は、3件が保安院、2件が経産省の資源エネルギー庁。同庁の2件は、10年5月18日に鹿児島県で開かれた九電川内原発3号機の増設に関する第1次公開ヒアリングと、今年6月26日の九電玄海原発2、3号機の再稼働問題をめぐる佐賀県での住民向け説明番組という。 

<引用終了>

・・・・原発のごとき近代合理主義の権化を必要悪として受け容れていると、その精神は知らぬ間に退廃していくのを避けられない。
退廃した精神が、こうした茶番を是とするようになるのだ。
同じことは、核武装においても起こりえる。
己が身に巣食った精神的退廃がそれを容認させ、現実となった核武装が、それを成しえた国に住まう人々の精神をさらに蝕んでいくこととなるのだ。
米国式の近代合理主義、目的のためには手段を選ばずという精神的退廃に無頓着でいると、まっとうな庶民感覚は麻痺してしまうのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<人間性の問題> 眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる