眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)

アクセスカウンタ

zoom RSS <癒着>

<<   作成日時 : 2011/04/27 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ネット・ニュースより

<引用開始>

政治社会人..<福島第1原発>経産省幹部の電力会社への天下り当面自粛
毎日新聞 4月18日(月)11時57分配信

 枝野幸男官房長官は18日午前の記者会見で、経済産業省幹部職員の電力会社各社などへの再就職を当面自粛させると発表した。枝野氏は理由について「国民の疑念を招かないため」と説明。すでに再就職している同省OBについても自発的な退任を促した。

【これまで天下りがあった】福島第1原発:東電への天下り、容認しない考え 官房長官

 経産省によると、対象となるのは、東京電力など電力会社とJパワー(電源開発)、日本原子力発電の計12社。内容は(1)経産省事務次官、資源エネルギー庁や原子力安全・保安院の幹部職員ら計15人(1日現在)の役員就任自粛(2)局長や審議官ら計55人(同)の退職後3年間の役員就任自粛(3)エネ庁と保安院の課長職経験者の退職後2年間の再就職自粛−−の3本柱。電力各社などにも自粛措置を説明し、協力を求める。

 経産省の外局として、電力を所管するエネ庁と原発の安全性を監督する保安院があり、役員への再就職が多いと問題視されていた。枝野官房長官は再就職したOBについても、「直接自粛を求める対象にはなり得ないが、当然、政府の対応を見て、それぞれの個人の責任と判断で適切な対応をされると期待している」と述べた。【影山哲也、立山清也】

<引用終了>

政官業の癒着が原発を造り続ける原動力であったのは間違いない。
本当は、その一角にヤクザも加わるのだろうが。
エゴの連鎖を示す顕著な一例である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<癒着> 眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる