眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)

アクセスカウンタ

zoom RSS <今、そこに迫る危機>

<<   作成日時 : 2011/03/18 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このような原発災害は、随分と以前から予想されていた。
しかしながら、今回の被災地は、もっとも心配されていた地域とは異なったのが救いである。
あるいは、最悪の場所にそれが起こることへの、最終警告と受け取るべきなのかも知れない。

最悪の場所とは、いうまでもなく浜岡原発である。
東海大地震予測震源地のほぼ真上に建設された、この時限爆弾。
今回の一件で即時運用停止になれば、まだこの国には助かる見込みがあるが、果たしてどうだろう。
電力不足のさなか、その英断を下せる者が内閣にいるはずもない。

ふくれあがった原発産業で飯を食らう人々の数は膨大で、いまさら脱原発などとは言っていられぬのが現実。
原発の危険に対しては、マスコミもまた、コマーシャリズムにより沈黙し続けてきたのだ。
スポンサーのご機嫌を損ねるわけにはいかない。
結局、自縄自縛なのである。

連鎖反応を起こすがごとく次々に起こる地震は、その震源地を不気味に南下させており、このまま東海地震に至らぬという保障はどこにもない。
もし、浜岡原発に福島第一原発と同じことが起これば、日本の行政それ自体も麻痺する可能性は否めまい。
そのとき、日本は核戦争を待たずして終わることになるのだ。
自らを守るため、核武装のためにはじめた原発が、自らの命を絶つという、わかりやすくも皮肉な話。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<今、そこに迫る危機> 眠れぬ夜に思うこと(人と命の根源をたずねて)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる